動画制作・映像制作のアーツテック動画・映像制作実績選ばれる理由お見積もり例成功事例レンタルスタジオお問い合わせ

 ホーム > コラム >> Column 1

 

Column 1 : 実体験に基づく良い映像制作会社の選び方


今や企業がビジネスを成功させるために、映像制作は欠かせません。

しかし、目的を確実に達成する効果的な映像が、どこの映像制作会社でも作れるかというと、決してそうではありません。

効果のある映像を制作するには、確かな技術を持った映像制作会社に依頼する必要があるのです。

 

それでは、確かな技術を持った映像制作会社は、どのようにして選べば良いのでしょうか。

 

アーツテックが会社を創業したのは1994年です。

当時の映像制作は撮影用の機材が高価であったため、専門の機材を持った映像制作会社に依頼して制作するのが当たり前でした。当時の映像制作会社は、よく言えば職人気質、悪く言えば顧客意識が低い会社が多く、お客さま目線で映像を制作するという意識のない世界でした。

 

また、クライアントが映像制作会社に直接依頼するということはなく、代理店が間に入るのが基本。クライアントと直接映像制作会社と話をするという発想自体がなかったのです。

そのため、クライアントが映像を制作する目的が、必ず制作会社に100%伝わっていたかというと、必ずしもそうではなかったと思います。

 

設立したばかりのアーツテックはそこに目をつけました。

 

当時の映像制作の世界ではまだ珍しかった、「お客さまと直接対話する」というサービスを始めたのです。

 

例えば、事前にクライアントと打合せの場を設け、映像を制作する目的を伺い、どういった映像が効果的なのかを提案。

もちろん制作にかかる料金も事前に明示し、クライアントに安心して映像を制作できる環境を提供しました。

それを今から20年以上も前に、日本で最初に始めたのです。


設立から20年が経ち、今では1000社を超えるクライアントの映像制作のお手伝いをしてきました。

こんなにも長い間映像制作の世界に身を置くことができたのは、クライアントが安心して映像を依頼でき、その期待に応えるだけの映像を制作してきたからだと自負しています。

 

ただおもしろいだけの映像や派手なだけの映像は、ある程度の技術をもった映像制作会社ならどこでも作れるでしょう。

しかし、クライアントが映像を作る「本当の目的」を理解した上で、効果的な映像を作れる映像制作会社は多くはありません。

良い映像制作会社はその点を心がけており、制作の前段階から真摯にクライアントの声と向きあおうとするものです。

 

良い映像会社とは、映像が人間の五感に与える影響を考え、目的を達成するための「戦略」なんだということを考えられる会社です。 映像制作を依頼するときは、この点を認識し、良い映像制作会社を選ぶようにしてください。


アーツテックは1994年の創業以来、「実効果のある」映像制作・動画制作を追求してきました。

B to Cで培ったノウハウをB to Bにも活用し、テレビのCMに変わる新たな戦略「映像マーケティング」で、人材採用、売上アップ、企業イメージの向上など目に見える結果を提供いたします。

映像制作実績3000以上、取引実績1000社以上。

お客様からいただいた「売上が伸びた」「企業イメージが上がった」「いい人材を採用できた」などの感謝の声こそ

アーツテックの最大の成功実績です。

 

初めて映像を制作するお客様にも、専門用語を使用することなく親切・丁寧にご説明いたします。

映像に関するあらゆるお悩み・課題はアーツテックにおまかせください。

 

私たちは、どこまでも「目に見える効果」にこだわっていきます。

ページの先頭へ

目次へ

次のコラムへ

お見積もり・企画案は無料!お気軽にご相談ください。

電話番号 お問い合わせ