動画制作・映像制作のアーツテック動画・映像制作実績選ばれる理由お見積もり例成功事例レンタルスタジオお問い合わせ

 ホーム > コラム >> Column 26

 

Column 26 : 絵コンテをつくるということ
             

 

仕事で映像作品を作る以上、競合他社とコンペティション(競争)を行なうこともあります。

 

コンペのときに完成した映像を披露できれば良いのですが、それは現実的には難しいので、どのような作品を撮影するのかをクライアントに説明してイメージを伝えます。

 

そのため、事前にクライアントの要望を聞きだし、映像を使って何を表現しようかということを考え、それを成功に結びつけるための映像をイメージしてコンペに臨むのです。

 

演出家には、まずはこういったコンペを勝ち取れる能力、言い換えるとプレゼンテーション能力が必要です。

 

このプレゼンテーションをより完全なものとするため、クライアントとこれから作ろうとする作品を共有できるよう、台本や絵コンテを作るのです。

 

クライアントと制作者の間に代理店が入っている場合は別ですが、アーツテックの場合は、クライアント様との直接取引きにこだわっています。

 

クライアントの望む映像が、実際にどういう表現となるのか、観た人にどのように伝わるのか。それは、映像を作るプロにしか分かりません。

 

アーツテックは映像を作るプロですので、クライアントから頂いた要望を細かくプレゼンテーションに入れて説明します。

 

これがブレていると、伝えたいことが伝わらないような映像になってしまうのです。

 

アーツテックでは、東京の丸の内にある某上場企業様の、リクルート用の映像を撮影したことがありました。

 

そのとき、最初に東京駅から映像が始まり、すぐに、丸の内のビル街の映像を映すよう絵コンテを書いてプレゼンテーションで表現しました。

 

リクルート用の映像というと、対象は10代から20代前半の若い世代ですよね。彼ら若い人が見たらどういったものを「素敵だな」と感じるかを、制作者が理解している必要があるのです。

 

40代から50代の人の心に響いたとしても、リクルート用映像としては対象者の琴線に触れません。そうなるとどんなに質の高い映像が完成したとしても、表現手法としては失敗です。

 

アーツテックの作る映像には、ワンカットずつに全て意味があるんですよ。だから効果を生むのだと自負しています。

 

ページの先頭へ

目次へ

前のコラムへ

次のコラムへ

お見積もり・企画案は無料!お気軽にご相談ください。

電話番号 お問い合わせ