動画制作・映像制作のアーツテック動画・映像制作実績選ばれる理由お見積もり例成功事例レンタルスタジオお問い合わせ

 ホーム > コラム >> Column 3

 

Column 3 : 実効果のある映像戦略とは?          


実効果のある映像戦略とは、なんでしょうか?

 

クライアントが映像を制作するのは、必ず目的があります。目的はクライアントの業種により異なることもありますが、

おおよそ下記のようになります。

 

・商品を売る

・商品の認知度を上げる

・企業のブランド力を上げる

 

これらの目的が達成されるのが実効果のある映像です。そしてその映像を、クライアントが想定するユーザーに確実に届けるための手段が、実効果のある映像戦略ということになるのです。

 

現代では、日常生活のあらゆる場所で映像を見ることができます。家に帰ればテレビがついていますし、街を歩くと様々な場所で映像を用いた広告が流れています。最近では電車の中でも映像を見る機会が増えました。もちろん、スマートフォンを使うと、どんな場所でも時間さえあれば好きなだけ動画を楽しむことも可能です。

 

2014年にビデオリサーチが10~20代の若者に行った調査によると、一日にネット動画を視聴する時間は、平均75分以上だということが分かりました。これはネット動画に限って調査した時間なので、テレビや街中で見かける動画を合わせると、実際には膨大な時間を映像に費やしていることが分かります。

 

映像を作るだけなら、ある程度の技術をもった映像制作会社なら可能ですし、良い映像を作るだけならある程度の技術と経験を持った映像制作会社なら可能です。しかし、実効果のある映像を視聴者に届けられる映像制作会社は多くありません。クライアントは、実効果のある映像戦略をもった映像制作会社を見極めなければなりません。

 

アーツテックでは、この実効果についてシビアに追求している会社です。映像を制作する技術だけではなく、クライアントが映像を制作する本当の目的を見抜き、それを達成するための技術を持ったプロの映像制作会社です。

 

アーツテックは1994年の創業以来、「実効果のある」映像制作・動画制作を追求してきました。 B to Cで培ったノウハウをB to Bにも活用し、テレビのCMに変わる新たな戦略「映像マーケティング」で、人材採用、売上アップ、企業イメージの向上など目に見える結果を提供いたします。 映像制作実績3000以上、取引実績1000社以上。お客様からいただいた「売上が伸びた」「企業イメージが上がった」「いい人材を採用できた」などの感謝の声こそアーツテックの最大の成功実績です。

 

初めて映像を制作するお客様にも、専門用語を使用することなく親切・丁寧にご説明いたします。

映像に関するあらゆるお悩み・課題はアーツテックにおまかせください。

 

私たちは、どこまでも「目に見える効果」にこだわっていきます。

ページの先頭へ

目次へ

前のコラムへ

次のコラムへ

お見積もり・企画案は無料!お気軽にご相談ください。

電話番号 お問い合わせ