動画制作・映像制作のアーツテック動画・映像制作実績選ばれる理由お見積もり例成功事例レンタルスタジオお問い合わせ

 ホーム > コラム >> Column 35

 

Column 35:映像戦略が必要な業界とは
       

 

どの業界も必要じゃないでしょうか。

 

最近、SNSで、弊社がやっている美容チャンネルが人気なんですが、

人気の映像だと1日何十万アクセスも集まるんですよ!

 

30秒の美容ハウトゥー映像で、SNSで毎日配信しています。

1日10本も撮ってるんですけどね。

 

演出家として言えることは、映像ってイメージを脳内に移植できるメディアなんです。

 

セルフプロデュースでも"俺ってこういう人間です"なんて使うことだってできます。

ユーチューバーがやってるのもそういうことですね。

 

映像はそれだけすごいメディアだけど、やっぱりロジカルにいかないと、ビジネスではちょっと難しい。

僕は、ここはアンチなんですが、映像を作りさえすれば"スゲー!"と思ってくれるかというと、

今の時代それはないですよ。

 

いいもの、ダメなものの差はあります。

 

ダサい画 を撮って、ダサい人が、ダサいコメントしている。こんなリクルート映像見たら、

"こんなとこ絶対入りたくない"となりますよね。(笑い)

 

映像は、諸刃の剣にもなってしまうということ。

だからこそ、まずはロジカルに何を伝えたいのか、ちゃんと絞って考えることが大事なんです。

 

よくある地方CMみたいに、あれもこれもとなると、結局何を言いたいのか分からない。

メッセージが絞られている方が、分かりやすいんです。

 

でも、クライアント様でそれができている方は意外に少なくて、逆に、僕がそれを見つけてあげないといけない場合もあります。

大事な事は、観る側にどんなメッセージを伝えたいのか。そのメッセージを伝えるための"映像"であり"音"であり、ナレーションなのだということ。

 

観る側に、メッセージをきちんと届ける。

映像戦略とは、実はとてもシンプルなものです。

 

ページの先頭へ

目次へ

前のコラムへ

次のコラムへ

お見積もり・企画案は無料!お気軽にご相談ください。

電話番号 お問い合わせ