動画制作・映像制作のアーツテック動画・映像制作実績選ばれる理由お見積もり例成功事例レンタルスタジオお問い合わせ

 ホーム > コラム >> Column 50

 

Column 50:集中力を高める
     

 

僕は経営者でもありクリエイターでもある。

 

役割が多い上に、1日の大半は社長業だったり、打ち合わせだったりに時間を取られるため、

クリエイティブな仕事に割く時間がなかなか確保しづらいのが現状である。

 

だからこそ大切にしているのが、マインドの「切り替え」。

 

ダラダラと仕事を続けて仕事をしたような気になるのではなく、

頭のなかをスパっと切り替えて目の前の仕事に集中して結果を出さないといけない。

 

自慢じゃないけれど、僕は集中力はもともと高いほうだと思う。

若い頃に格闘技をやっていたおかげかもしれない。

 

一般的に、集中力は肉体と同様に加齢とともに衰えていくと言われているが、

今でも体を動かす癖が付いているからなのか若い頃と同じくらいのレベルは保っていると思う。

 

クリエイティブな仕事の最も大変な部分はアイデア出しであり、「0から1」にするという

「産みの苦しみ」を伴うものだが、僕は「締め切り」があれば必ずアイデアを出せる。

自分を追い込み、切羽詰まれば自然と集中力が高まり、アイデアに辿り着けるのである。

 

思い返すと、若い頃はバーで企画を書いたり、仕事道具に凝ってみたりと、

「こうすればアイデアが出るんじゃないか」ということをいろいろとやっていた時期もある。

 

だが今は、場所やモノに頼ることなく自分のマインドの切り替え一つで集中することが出来る。

 

「マインドを切り替えて、集中力を高める」というとピンとこない人も多いと思う。

具体的にどうすれば良いのかと聞かれれば、運動習慣を付けることをオススメする。

 

バーやカフェで企画を考えたり、仕事道具に凝ったりするのも一つの手ではあるが、

向き不向きがあるし、「これだ!」と思えるものに出会うまでが大変だったりもする。

 

だが、その点、運動というものは必ず結果を伴うので自信を持ってオススメできる。

 

運動習慣を付けると自ずと集中する能力が高まるし、

集中力が高まると仕事の質と量が高まる。

 

運動と言っても、そんなに難しく考えなくても良いんじゃないかな。

スクワットでも、腕立て伏せでも手軽にできる運動でも良い。

 

まずは試してみて欲しい。

 

ページの先頭へ

目次へ

前のコラムへ

次のコラムへ

お見積もり・企画案は無料!お気軽にご相談ください。

電話番号 お問い合わせ