動画制作・映像制作のアーツテック動画・映像制作実績選ばれる理由お見積もり例成功事例レンタルスタジオお問い合わせ

 ホーム > コラム >> Column 7

 

Column 7 : 提案段階から、最終的な映像をクライアントに理解してもらう
     

 

映像制作会社の中には、クライアントと最終的な映像のイメージを共有できていないにも関わらず、映像を作り始めてしまうというところが、今でもあります。

このようなやり方では、クライアントが望んでいる映像が作れるはずありません。

 

なぜなら、それは映像制作会社の独りよがりの映像でしかないからです。

 

映像制作はクリエイティブな仕事ではありますが、商売である以上お客様ありきの仕事です。さらに、クリエイターとはいえ社会人であることには変わりないのですから、

独りよがりな映像で満足するのではなく、お客様目線に立って考え、それを映像にできないと意味がないのです。

 

クライアントと最終的な映像のイメージを共有するためには、「絵コンテ」がよく使われます。

絵コンテとは、映像制作会社からクライアントへ、最終的にどのような映像になるのかを説明するために使うツールです。一般的にいう仕様書のようなもので、シーンごとに どのような映像が使われるのかが書かれています。

 

例えば、背景であればどのような構図になるのか。人物ならどのような被写体なのか。人物が動くのであれば、どのように動くのかなどが細かく書かれています。映像制作で働く人間ならば、この絵コンテを見るだけで最終的な映像のイメージが湧くはずです。

 

しかし、ほとんどのクライアントは絵コンテを見てもイメージは湧きません。理由は簡単です。そういった訓練を受けていないからです。

 

アーツテックでは、クライアントとイメージを共有するということを重要視しています。そのため、クライアントが最終的な映像のイメージがつきやすいよう、絵コンテを綿密に作成しています。通常では紙に出力して見せますが、それで伝わりにくいときは動画でコンテを作ることもあります。

 

必ず、最終的な納品物に近い形で見せるようにしているのです。

 

見た目が良い映像を作るだけならば、絵コンテは必要ないのかもしれません。

しかし、アーツテックでは良い映像を作るだけではクライアントの要望を満たすことはできないと考えています。

 

必ず絵コンテを使い、クライアントに納得した上で映像の制作を始めるのです。

最初の段階でクライアントと最終的な映像のイメージを共有することが大切です。

 

アーツテックは1994年の創業以来、「実効果のある」映像制作・動画制作を追求してきました。 B to Cで培ったノウハウをB to Bにも活用し、テレビのCMに変わる新たな戦略「映像マーケティング」で、人材採用、売上アップ、企業イメージの向上など目に見える結果を提供いたします。

 

映像制作実績3000以上、取引実績1000社以上。お客様からいただいた「売上が伸びた」「企業イメージが上がった」「いい人材を採用できた」などの感謝の声こそアーツテックの最大の成功実績です。

 

初めて映像を制作するお客様にも、専門用語を使用することなく親切・丁寧にご説明いたします。

映像に関するあらゆるお悩み・課題はアーツテックにおまかせください。

 

私たちは、どこまでも「目に見える効果」にこだわっていきます。

ページの先頭へ

目次へ

前のコラムへ

次のコラムへ

お見積もり・企画案は無料!お気軽にご相談ください。

電話番号 お問い合わせ